さまざまなシーンで活躍している風向風速計

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > さまざまなシーンで活躍している風向風速計

さまざまなシーンで活躍している風向風速計

種類はどんなものがあるのか



風向風速計はいくつかの種類に分かれています。基本的には風速計に風向計の機能をプラスしたものが多く、風杯型風速計(ロビンソン風速計)や風車型風速計に、風向計が付け加えられた風向と風速を同時に計る機構が一体化したものがメジャーなものとなっています。

風杯型風速計は、中心軸から三つの丸い風を受け止めるカップ(風杯)が取り付けられているものだと説明すれば分かりやすいかもしれません。風杯型風速計と合わせて風向計を取り付ける場合は、矢羽式風向計が多く用いられます。形状としては、名前の通り、矢の後部に付いている羽根のような形をしており、風を受けると、風向の方角を指します。風杯型風速計は、単体だと風向の観測はできませんが、風向に関わらず風に反応するため、風速のみを測定することに関しては良いものとされています。風杯型風速気に矢羽式風向計を取り付けることにより、風速を正確に測りつつも、風向も測れます。

風車型風向風速計は、体の部分は飛行機の後部に付いている羽のようなものになっていて、先端にプロペラがついているものです。大きな矢羽式風向計の先端にプロペラが付いているといった方が分かりやすいかもしれません。風を風車型風速計が受けると、本体が回転して風向を示し、プロペラ部分の回転速度で風速を測定します。

他にも、超音波式風速計というものもあり、対になった発射部分と受ける部分の間で超音波を発射し、そのデータを解析することによって風向や風速を計るといったものになります。超音波を発生させる機構を外部にさらさなくてもよいこと、測定部分の加工がしやすく悪天候にも強い加工を施すことができることからメンテナンスをしづらい地域で活躍しているようです。



多くの場所で使用されている風向風速計



風向風速計は、災害を未然に防ぐ目的として多くの現場で活用されています。例えば、自治体で購入し、暴風による被害を事前に察知し、住民への警告を行っている地域もあります。気象台やアメダスでも風向風速計が採用されていて、風車型風向風速計が使われています。公共交通機関でも採用されているところが多く、電車においては運行の目安になっていて、風速が規定値を超えると運行時間を変えるための目安としているようです。

あとは、高速道路で白色と緑色が交互に入ったこいのぼりのようなものが設置されているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。実はあのこいのぼり(正式名称は吹き流し)も立派な風向風速計です。あのこいのぼりのようなものを目安に、利用者に強風への注意喚起をする目的で設置されています。ただ、別途でしっかりと風向、風速の測定がなされており、強風を感知した場合は電光掲示板やハイウェイラジオなどで告知がなされているので、正直にいうとこいのぼりを目安にしている方は少ないかもしれません。

しかし、こいのぼりが設置されている場所というのは障害物が少なく、風が強い場所に設置されているため、発表されている風速より強い場合があります。ハンドルを風に取られると大変危険なので、こいのぼりを見かけたら、その場所の「風の強さはどのくらいなのか」「風向はどの方角なのか」を意識して運転することを心がけてください。

他には天気の影響を強く受ける屋外のレジャー観光地や、競技場での運用事例も多くみられます。目立たないところでも、けっこう風向風速計は活躍しているのです。



身近な風向計とは



メジャーとなっている風向と風速の測定方法は、電子機器を用いて、機械的にデータを取るものがほとんどですが、そういったものではないにも関わらず、人々の生活に馴染んでいる風向計があります。それが風見鶏です。しかし、実際は計測のためにはほとんど用いられておらず、あくまでも家のアクセントとして設置されているものがほとんどです。

現代における風向風速計も、風見鶏の性質を利用しています。その性質を風見安定と呼び、真後ろから風が吹いている場合はもちろん、別の方向から風が吹いてきた場合であっても、風見鶏はくるくる回った後に風向きの方向を向きます。風見鶏は尻尾が大きく作られていて、重心が後部寄りになっています。風が当たる部分が大きいほど風を強く受けるため、頭の部分より尻尾の部分に風が多く当たって、結果的に風見鶏が風向の方向を向くという性質です。この性質を元に風向風速計が作られています。現在のものは、昔から伝わる知恵を取り入れつつも、パソコンやスマホ、計測機器の登場によって、より正確で、長時間の観測記録を可能とした商品が数多く発売されています。現在はほとんどの商品がデータを電子化して、風向や風速のデータをパソコンやスマホ、計測機器に送信し、自動的にデータを記録するため、利便性は昔に比べて大変向上しました。種類も設置式のもの、携帯できるタイプのものがあり、使用用途に応じて選べるようになりました。設置式のものは常時の観測を必要とする場面で多く使われ、携帯タイプのものは、設置が難しい場所や工事などの現地調査で多く用いられています。昔から多くの場面で活躍してきましたが、現在も進化を続けながら更なる活躍が見込まれています。

次の記事へ