オススメのタイムラプスカメラとタイプ別の使い方

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > オススメのタイムラプスカメラとタイプ別の使い方

オススメのタイムラプスカメラとタイプ別の使い方


動画編集にオススメのタイムラプスカメラ



タイムラプスカメラとは、定点観測カメラのことです。タイムラプスカメラというとイメージが湧きづらい場合は、長時間コマ撮りができるカメラと考えるとわかりやすいでしょう。様々な物を撮影することができますが、撮影したい対象によっておすすめのタイプがあります。ここでは、動画編集にオススメのタイムラプスカメラを紹介します。

タイムラプスカメラに使用するレンズは、撮影対象によって変わりますが、動画編集におすすめなのは、標準レンズを使用しているタイプです。標準レンズは、幅広く使えるのがメリットです。テレビなどでもよく見かける、花が蕾から開花するまでの様子や、昆虫が孵化する様子などの撮影から、時間による人の動きや雲の動きなど、動画編集に最適です。

ペットと一緒に暮らしていて留守中のペットの様子が気になる時は、タイムラプスカメラをペットカメラとして使うこともできます。撮影する期間は自由に設定できますが、タイムラプスカメラを使うことで、何十時間という長い動画も、再生すれば数分で全体を確認できます。長時間の撮影には、撮影間隔を少し長めにしておくと2ヶ月以上の撮影も可能となります。ただし設定時間により使用可能な時間は変わります。

撮影したデータはSDカードに保存できますから、撮影が完了すればパソコンでデータを確認することも可能です。自動で動画を作成する機能が付いていると、クレイアニメなどにも使えます。撮影場所によっては、防水ケースがある物を選ぶと、天気に関係なく長期間の撮影ができます。電池で動かせる物なら電源を確保しなくてもよいため、コンセントがない場所でも自由に撮影できます。

液晶画面が付いていると、撮影したい物を確認しやすくなります。防水ケースなどは別売りになりますが、価格もお手頃で使いやすいのがポイントです。



観察や建物風景の撮影にオススメ



何かを観察したり、建物の風景を撮影したりしたい時は、広角レンズのタイムラプスカメラがオススメです。より綺麗な画像で撮影したい場合は、いま注目のHDR搭載の機種を選ぶとよいでしょう。HDRは、露出を変えながら複数の画像を撮影できる機能です。さらに暗闇での撮影も可能であるため、時間に関係なく常に美しい画像を撮影できます。

撮影する時は静止画として撮りますが、自動で動画に変換できる機能がついていると、SDカードに動画として保存ができます。撮影した画像を見たい時は、パソコンやタブレットにつなげばすぐに確認できます。HDRは従来は上手く撮影できなかった暗い場所での撮影が可能ということから、同じ建物風景も昼と夜の違いを鮮明に再現できます。

電源は電池に対応している物が多く、乾電池でも撮影間隔を調整すれば、1ヶ月以上の撮影も可能です。USBで外部電源にも接続できるタイプなら、電池とコードの両方を使えます。長時間撮影の時は乾電池でも、省エネモードに切り替えられると便利です。撮影モードなども購入前に確認しておくと安心です。

同じ場所から同じ建物を撮影するだけでも、時間の変化により全く違った印象に見えます。タイムラプスだからこそできる、長時間のコマ撮りを乾電池で可能にしているのが今のカメラのすごいところです。データはSDカードに保存でき、どんなメディアにも対応できるAVIフォーマットで保存されるようになっているのもポイントです。タイムラプスカメラは、レンズを変えると違った雰囲気の撮影ができるので、幅広いレンズが使えると便利です。



建築風景の長期間撮影にオススメ



何か大きな建物を建築するには、長い時間がかかります。それを長期間撮影するには、タイムラプスカメラに、防水防塵ケースをつければ可能となります。建築現場は雨が降っても作業を続けますが、カメラに防水機能がついていなければ撮影ができません。カメラを設置するとしばらく動かさないため、建築風景の長期間撮影には防水対策は必須となります。

また建築現場には埃も常に舞い上がりますので、デリケートなカメラには大敵です。このような時も防水と防塵ができるケースを装着しておけば、安心して撮影が続けられます。広い範囲を撮影することになるため、140度くらいの広角レンズがあると便利です。140度の広角レンズなら、ほぼパノラマ撮影ができるため、全体像を見やすくなります。建築現場や建築の様子を記録しておきたい時にもおすすめの仕様です。

撮影時間はあらかじめ設定しておけるので、設定時間を調整すれば、乾電池だけで2ヶ月間という長期間撮影にも対応できます。長く撮影をしたい場合はそのような機種を選ぶとよいでしょう。今はほとんどカメラが、SDカードでデータを保存しますので、撮影した画像を確認したい時はパソコンやタブレットなどはあればいつでもどこでも再生できます。

コマ撮りの静止画を一つの動画にするので、2ヶ月間の撮影でも動画で再生するとたった数分にまとまります。リアルではなかなか見られない、不思議な光景が広がるのもこのカメラの特徴であり、人気の理由です。仕事はもちろん趣味で、景色や動物、車や人が行き交う道路や電車、空や海、自然の様子などいろいろな物を撮影できます。

次の記事へ