名前の通りに雨の量を測定する機械が雨量計

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 名前の通りに雨の量を測定する機械が雨量計

名前の通りに雨の量を測定する機械が雨量計


最も多く使用されている転倒ます型の雨量計



ひとくちに雨量計と言っても、実際には複数のタイプが存在しています。その中でも多く使用されているのが転倒ます型雨量計です。転倒ます型というのは、受水口から雨水が受水器と呼ばれている器の中に流れ込み、その水を濾水器と呼ばれている三角錐の入れ物で受け、さらに転倒ますというところに注ぎ込みます。降水量が0.5ミリを超えるとこのますが転倒するようになっており、降水はもう片方のますに注ぎ込まれます。これを繰り返し、1時間あたりの転倒する回数をカウントすることによってどれぐらい雨が降っているのかがわかるようになっているのです。

基本的には0.5ミリで転倒するようになっているのですが、物によっては1.0ミリで転倒するようになっている種類も存在します。雨の量が少ない場合には0.5ミリのタイプでも問題ありませんが、近年はゲリラ豪雨など、かなり大量の雨が降るケースも少なくはありません。このような場合には、0.5ミリの転倒ますでは効率が悪くなってしまうため、1.0ミリの転倒ますを使って雨の量を測っているのです。

一般的な転倒ます型雨量計の場合、普通式と呼ばれている受水器を使用しているのですが、場合によっては温水式と呼ばれている受水器を使用していることもあります。温水式というのは、外筒が二重構造になっており、さらにはヒーターやサーモスタットで一定の温度を保てるように作られているのです。このような温水式の転倒ます型雨量計は、凍結の可能性がある寒い地方でよく使用されています。



雨量計の構造と使用環境



雨量計は一般的な気象観測装置とは異なっていると言えるでしょう。特に転倒ます型雨量計の場合には、かなり構造が複雑になっています。そこでどのような構造になっているのかを簡単に紹介します。雨水は受水口という1番上にある入り口から注ぎ込みます。受水口から注がれた雨水は、外筒の中にある受水器に入ります。受水器は雨水を溜めることはできず、濾水器に流れ込むようになっています。濾水器から転倒ますへと注がれた雨水が一定量になるとますが転倒し、排水口から外へと水が流れ出すような構造になっているのですが、この転倒回数を計測することによって降水量を知ることができるのです。

これがます型雨量計の主な構造になっているのですが、やはり使用する環境についても知っておく必要があるでしょう。一般の人は雨量計を使用することはそれほど多くありません。通常は気象庁などの関連施設や、天気に関する業務を行っている企業で使用されています。もちろんどのような場所に置いても計測できるというわけではないので、置く場所はしっかりと検討しないといけません。では、どのような場所に設置するのがよいのかというと、第一に建物や木などの高い障害物を避けて設置しないといけません。なぜなら高い障害物があると、風が吹いたときに雨の量が一定でなくなってしまうことがあるからです。雨の量が一定でなくなってしまえば、当然正確な雨の量を測定できなくなってしまいますのでそのような場所は避ける必要があります。

第二に水平な場所で設置しないといけません。構造上雨量計は傾いたところで使用すると、しっかりと測れない場合があるからです。傾いた状態では、当然水も傾いて流れてしまうので、少ない量で排水口へと流れてしまいます。

第三に風の強い場所への設置はできるだけ避けるようにします。風によって傾いてしまう場合などもあるので、あまり風が吹き荒れるような場所は適していません。特に高い場所で使用する場合には、転倒してしまうケースもあるのです。



雨量計の種類は1つだけではない



一般的な雨量計と言えば、転倒ます型がよく知られていますが、他にも貯水型という種類が存在しています。名前を見れば大体どのようなタイプなのか想像できるでしょうが、専用の貯水ビンに溜まった雨の量を測定するという方法です。貯水ビンに溜まった水は、メスシリンダーに移し替えて測定を行います。

一般の人はこちらの方がよく使用されていると思っている場合もあるでしょう。しかし、貯水型の場合には、近年発生しているゲリラ豪雨などに対応できないケースがあるのです。しかもメスシリンダーに移し替えるのが手間になるので、よく使用されているというわけではありません。

雨量計には基本的にこの2種類が存在しているのですが、その中でもいくつかタイプが存在しています。先ほども少しふれたように、転倒ますの種類は0.5ミリで転倒するタイプと、1.0ミリで転倒するタイプがあります。さらに一般の普通タイプと温水式のタイプなど、設置する状況によって適切な物を使用するのがよいのですが、そのためにはまず雨量計の特徴をしっかりと熟知しておく必要があります。最近では一般の人でも気軽に購入できるようになっていますが、正しい使用方法がわからないようでは意味がありません。

次の記事へ