土壌水分計を使うことで何が測定できるのか?

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 土壌水分計を使うことで何が測定できるのか?

土壌水分計を使うことで何が測定できるのか?


土壌水分計とはどんな機器?



気象観測機器には非常に様々な種類がありますが、そんな機器の中でも、日頃は収納しておくことが出来る小型タイプが、土壌水分計です。設置をしておくタイプもありますが、常に設置をしておくスペースが必要なく、気になるときにその都度計測をすることが出来ます。具体的には、以下のような計測をすることが出来る機器です。

土壌水分計は、土の中の水分を測ることが出来る測定器で、土壌水分測定器などと呼ばれる事もあります。土の中にニードルの部分を挿して使用する機器が多く、土の中の水分量を瞬時に把握する事ができます。小型の一般的なタイプを初め、設置するタイプ、データロガーが付いているタイプなど、様々な製品の取り扱いが行われています。より詳しく、より詳細な土壌データを知りたいというときに使われることも多く、土地の検査を行う際にも重宝されています。

特に、不動産会社の土地チェックや、レジャー施設建設予定地の土地チェックなど、土地の状態を理解した上で建設を進めないといけないような部分を持つ企業では必需品ともいえます。その都度土地の検査を行う検査員を派遣し、検査結果を報告してもらうことが多いのですが、数値によってはそのまま建設を進めると危険と判断される事もあり、対策が求められるでしょう。

土壌水分計は、利用目的や利用用途に合わせて様々な種類の機器がありますので、その都度、適切なタイプを選ぶことが大切です。その時々に合わせた商品を利用している企業もあり、その都度データを詳しく測定している方が多いでしょう。データは重要な参考情報として残り、必要に応じてプレゼンテーションなどに利用される事も少なくありません。



畑作業などで広く利用されている



土壌水分計は、土壌の状態、水分量をチェックして、異常がないかどうかを確認することが出来る便利なアイテムです。企業だけでは無く、農業関連の方にも、非常に重宝されています。農家の方にとっては特に、土の状態は仕事の善し悪しを決める判断材料になると言っても過言ではありません。土の水分量を調べ、その都度対策をしておかないと、無事に作物が育たず、経営破綻してしまう可能性もあるのです。そうなってしまっては元も子もありませんので、種植えをする前にも、土の状態を把握し、状態に合わせた対策を行って行きます。対策をした上でも改善が見られない場合は、別の作物を植えたり、別の土地を利用するという対策を行うなどする必要があります。

土の水分量ひとつでそこまで変わるのか疑問に感じる方も居るかもしれませんが、答えはイエスです。植物によっては、湿り気が多すぎると、なかなか発芽をしない、すぐに枯れてしまうというタイプも多くあります。植物にも向き不向きがありますので、土の状態を把握しながら、それに合わせて農作業が行われていくのです。商品として出す場合は特に重要な部分となりますので、農家によっては毎日のように必ずチェックが行われます。

そうなると便利なのが、小型の持ち運びタイプでは無く、設置をして利用するタイプです。こちらの場合は設置をしておくことで手軽に判断をすることが出来るタイプで、利用者も多いでしょう。ただ、設置してる一カ所しかデータを取ることが出来ませんので、やはり小型タイプも需要が高い事で知られています。



小型で収納にも便利



他の気象観測機器とは異なり、基本的には持ち運びタイプが主流となっているのが、土壌水分計です。かさばること無く、気になる部分をその場で数値化して確認することが出来ますので、何かと仕事が捗るという方も少なくないでしょう。小型タイプの場合は、主にこのようなメリットがあります。

まず、収納に便利という点です。畑作業の方の場合は特に、様々な気象観測機器を導入している農家が多いかと思います。ですが、導入する機器の中でも更に小型なタイプが多く、その都度しまっておけるタイプですので、便利に利用が出来るでしょう。次に、スムーズに利用する事が出来るという点です。手で持って、土に挿して、データを見て完了ですので、特にこれと言った面倒な手間があるわけではありません。利用する機器によっては、数分もかからずにデータを採取することが出来るでしょう。そして、設置タイプ、持ち運びタイプなど、利用目的に合わせて種類を選ぶことが出来るという点です。設置するべき場所を把握できれば、何かと便利に、正しいデータを取るために重宝しますので、色々な種類を比較して、データ採取を行ってみてください。

毎日のように確認をする必要がある企業、業種もあるからこそ、出来るだけ用途に合った使い方が出来るタイプが理想的です。初めて利用する人でも簡単にデータ採取をすることが出来るタイプの機器もありますので、何かと重宝するでしょう。お値段も手ごろな商品が多いため、日頃から利用をする機会が多いという方でも、安心して購入することができます。販売されている企業は多くありますので、よく比較してみてください。

次の記事へ