圧力式などの水位計の豆知識

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 圧力式などの水位計の豆知識

圧力式などの水位計の豆知識

水位計について知ろう



日本には数多くの気象観測装置が存在しています。気象観測装置があるおかげで私達は災害が深刻に発展する前にあらかじめ行動に移すことができます。また、天気の情報を知ることで作物に悪影響を与えないように設備を増強することも可能です。風向風速計や温度計など我々になじみが深い観測装置はたくさんありますが、水位計に関しては今まで見たことがないという人もいるのではないでしょうか。水位計の設置場所は複数挙げることができます。例えば、水再生センターやポンプ場などが挙げられます。このような場所に設置されることが多いのですが、例えば水再生に携わるお仕事をしてない方においては普段生活をしている上で装置を見ることがないため、なじみがあまりないという方も少なくありません。基本的に大規模な施設に導入されるケースが多いので設置個数に関しても複数箇所設置する場所もあります。このように施設に導入されているおかげで、水再生センターに勤めているスタッフをはじめとした人々の水位管理に役立っています。また、現代の製品においては高性能なものが多くなっています。

例えば現在の水位はどのぐらいなのかを正確に示すことができたり、設置に際して本来なら環境があまり好ましくない場所での設置も可能な耐久性の高い製品なども存在したりしています。このように製品性能が高くなっていますが、販売してくれるショップも複数存在しています。購入にあたり実店舗をまず検討する人もいるかもしれませんが、今ではインターネット経由で商品を販売する業者が増えています。インターネットで販売している業者を利用すれば専門のお店まで足を運んで注文をしなくても買い物を済ませることができるので、購入の手間を省くことができます。水再生センター等に勤めている方や水位計測を頻繁に行う施設にお勤めの方の中には買い替えや購入を検討している人もいるのではないでしょうか。まずその施設に導入をする前に水位計には複数の種類があり、さらにその種類によって特徴が異なるので、まずは特徴を知った上でその施設に適しているものがどのような種類なのかを検討しましょう。



水位計の種類について



水位計の種類の1つとして挙げられるのが、投込圧力式があります。投込圧力式の特徴としては沈殿物に埋まったとしても圧力伝達を保持できるのであれば測定をすることができる点です。決して観測をする場所はコンクリートでできた場所だけではありません。例えばボトムがコンクリート等の岩ではなく泥または砂の時もあります。そのようなケースでは沈殿物に埋没する可能性もありますが、投込圧力式を利用すればそのような環境でも計測をすることができます。投込圧力式にはこのような特徴があるので、上水等はもちろんのこと汚水や海水のレベル計測などにも活用することができます。半導体式のものについては防泥構造になっていない製品もあります。

そのため、泥に触れる可能性がある場所での使用はできませんから、まず投込圧力式を購入する時はどのような環境で使用することができるのかをあらかじめ業者に確認をしてから選択するようにします。一般的に半導体式の投込圧力式は海水ではなく、上水や貯水池などの泥に触れない場所で使用することが多いです。投込圧力式の他にも電波式があります。電波式は他のものに比べて高精度測定が可能という特徴があります。先程も少し触れたように高精度測定が求められる場所がありますが、そのような場所で電波式が活用されているケースも珍しくありません。一方で電波式は浮遊物の影響を受けやすいという特徴があるので、浮遊物が多いところでの使用はされないのが一般的です。その他にも気泡式や、超音波式があります。それぞれの種類で特徴が異なり、さらにそれぞれの種類で向き不向きの環境があるので、業者や使用する施設のスタッフと検討をして購入をするようにしましょう。



サイトから圧力式の水位計を購入しよう



施設や個人の方でも水位計の導入を検討されている方もいますが、購入検討者の中にはサイトから注文をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。サイトから圧力式の水位計等の観測装置を販売してくれるところはたくさんあります。そのため、選び方に困る人も少なくないでしょう。選び方として参考にしたいポイントとしては利用者のニーズに合わせて幅広い商品ラインナップをそろえてくれるかどうかです。例えば商品が豊富であれば高性能の製品を求めている方や、耐久性を求めている方など幅広い購入検討者のニーズに対応することができるので、購入者はそれぞれの取り入れたい機能が搭載されている製品を選択して、施設などに取り入れることができます。

その他にもお問い合わせに対応してくれるところを選択します。お問い合わせに対応してくれる業者であればどのような製品が適しているのか相談しやすく選びやすいため、後悔のない買い物ができる可能性があります。

次の記事へ