天気予報でよく聞かれる警報・雨量の基準があるの?

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 天気予報でよく聞かれる警報・雨量の基準があるの?

天気予報でよく聞かれる警報・雨量の基準があるの?


大雨警報の基準とは



天気予報を見てみると大雨が降った時に「大雨警報」や「大雨注意報」「大雨洪水警報」といった言葉が使われます。大変な雨が降って、何か災害の起きるリスクがあるということはなんとなくわかっていても、具体的にどのような状況なのかよくわからない人も多いはずです。まず大雨警報とは、大雨が降って、建物の浸水やがけ崩れ、地滑り、土石流などの大きな災害の発生する恐れのある場合に発令されるものです。ただし大雨警報の中でも、どのような危険性があるのかケースバイケースです。そこで気象庁が発表する際には、「どのような警戒をすべきか」「大雨がどの程度の期間降るのか」、予想雨量などの詳細も合わせて出されます。

大雨警報の基準は、浸水被害なのか土砂災害なのかによって発表される基準が異なります。浸水被害の際には、1時間もしくは3時間当たりの予想雨量が一定の基準に達すると予想された場合です。土砂災害の際は土壌雨量指数をベースにして発表すべきかを判断します。土壌雨量指数は、土中にどのくらいの水分を含んでいるか数値化したもので、一定基準を超えると発表されます。地形などの違いで土砂災害の発生リスクも異なるので、土壌雨量指数の統一の基準はなく、地域によってそれぞれの状況に合わせた基準を設定しています。



洪水警報の基準とは



大雨の他に「洪水警報」という用語を天気予報でキャスターが用いることもあります。洪水警報とは、大雨や長雨などの影響で河川が増水し、氾濫などが起こる危険性がある場合に発表されます。堤防やダムが損傷し、最悪決壊すると地域一帯が雨水に覆われることも考えられます。その危険性が一定基準に達すれば洪水警報を発表して、速やかに避難するなどの対策を講じる必要があります。ちなみに地域ごとに発令される場合の他にも、個々の河川で氾濫などの発生する危険性が予測された場合に河川を個別指定して、洪水警報を出すこともあります。その河川の周辺地域に在住の方に対して、警戒を呼び掛けることになります。

洪水警報も2種類の基準が用意されています。雨によって洪水の起きる危険性がある、もしくは上流域で大量の雨が降り、その水が下流域に流れ込むことで河川の増水、堤防決壊などが見込まれる場合です。後者の場合、警報の出された地域そのものはさほど雨が降っていないというケースも考えられます。このため、つい油断してしまう人も多いので注意が必要です。雨による洪水の場合、1時間もしくは3時間当たりの降雨量が基準値を超えたとき、河川の水位が上昇し洪水の危険性が増すと破断されると発表されます。後者の上流域で起きた大雨の場合には、流域雨量指数を基にして発表するかどうかの判断をします。流域雨量指数とは、上流域で降った雨が対象区域や河川にどの程度流れ込むのかを数値化したものです。

後者の上流域における降雨が原因であれば、発表するタイミングも重要です。雨による洪水の場合、ほぼリアルタイムで発表されます。しかし後者は、まず上流域で水が増していき、そこから下流に向かって水が流れていき、その後増水していくメカニズムです。つまり多少のタイムラグがあるのです。上流域で大雨が降ってすぐに発表するとタイミングが早すぎます。一方で避難など周辺住民が対策を講じられるだけの時間も必要で、いつ発表するか、そのタイミングは重要なポイントになりえます。



注意報はどう違うの?



これらの他に、天気予報でしばしば注意報という言葉が使われるのはご存知の方も多いでしょう。両者にはどのような違いがあるか、大雨の場合、この雨量が関係しています。警報の場合、1時間雨量が50mm・3時間雨量が70mm以上の場合に発表されます。ただしこれらの基準を満たしていなくても、降り始めからのトータルで120mm以上になれば発令することが可能です。一方注意報の場合、やや降雨量が少なくなります。1時間で30mm・3時間で50mm以上の降雨が予想された時点で発表されます。

しかし、よく降雨量をmmで表現しますが、実際にどのくらいの雨が降っているのかいまいちイメージできないという人もいるでしょう。よく普通に降る雨で、地面に水たまりのできるような降雨量は1時間当たり5~10mm程度と言われています。注意報が発表される1時間に30mmの雨というのは、土砂降りの雨だと思って下さい。よく傘をさしていても雨足が強いので、ちょっと外に出ているとびしょ濡れになってしまうようなことがあるでしょう。この程度の雨足の強さだと、注意報が出る可能性があります。

警報の基準となる1時間に50㎜となると、さらに雨足は激しさを増します。よく「バケツをひっくり返したような雨」と表現されることがありますが、このような状況を指していると思って下さい。滝のように雨が降っている状況で水しぶきによって、軽く靄がかかっているような状態だと思いましょう。このような状況であれば、不要不急の外出は避けた方が良いです。

次の記事へ