太陽光発電計測でどれだけの発電量が得られるか計算する

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 太陽光発電計測でどれだけの発電量が得られるか計算する

太陽光発電計測でどれだけの発電量が得られるか計算する


安定した投資のために



太陽光発電を利用した投資は、発電システムを利用して得た電気を電力会社に売却することで利益を得るというもので、発電量が多ければ多いほど得られる金額も大きくなってきます。自分は何もしなくても利益を出すことができることから、個人や企業が挑戦していますが、太陽光発電で安定した投資を行うためには、常に発電量を確認し、発電量の平均値を把握することが重要といわれています。その為の太陽光発電計測用の機材も多く販売されているので、必要な機材はきちんと用意しておきましょう。

太陽光発電によって得られる電気は、利用している発電システムの変換効率によって変わってきます。太陽光発電で得られる電気は、いわゆる直流の電気なのですが、電力会社では交流の電気の買取を行っており、投資のためには直流の電気を交流に変換しなければなりません。そのための機材としてパワーコンディショナーが利用されているのですが、パワーコンディショナーの品質が悪いと変換効率が低く、発電量が低下する恐れがあります。更に故障などのトラブルが起きることもあるので、変換効率の違いや、急激な発電量の低下などを確認するために、専用の太陽光発電計測システムを用意しましょう。

太陽光発電で利益を得るためには、できる限り機材の寿命を持たせることが大切です。ソーラーパネルの寿命は最大で30年ほどといわれていますが、それに対してパワーコンディショナーの寿命は10年ほどです。更にソーラーパネルも初期不良や取り付けミス、災害などの被害で破損することもあるので、気付いたら故障したままの状態で発電を続け、大きな損失を生んでしまうこともありえます。太陽光発電計測用のシステムを導入すれば、リアルタイムで変換効率の異常や発電量の低下を把握しやすくなるので、どんなメーカーの製品があるのかチェックしてみてください。



トラブルを察知する



太陽光発電による投資は、安定した発電を続けることが何より重要です。再生可能エネルギーを利用した発電の中でも、太陽光発電は一番導入しやすいといわれていますが、やはり定期的にメンテナンスをしておかないと、ふとした拍子に発電システムが故障してしまうなど、何らかのトラブルに遭って損失が発生する恐れがあります。太陽光発電計測用の機材も数多く販売されているので、太陽光発電に挑戦する際は、必ずそれらの機材も導入したほうが良いでしょう。

太陽光発電計測システムは、日射量をリアルタイムで計算して、どの程度の太陽光を受けたかを数値化します。その値をパワーコンディショナーで変換することで、どの程度の発電量を確保できるか知ることができます。太陽光発電は天候によって発電量が低下するので、できる限り多くの情報を集めて平均を導き出すことで、より正確な平均の発電量を把握することができるでしょう。こうした値を把握できれば、急激な発電量の低下も見つけやすくなり、すぐにトラブルを解決することができるようになります。

太陽光発電による投資は、発電システムを設置すれば後は楽だといわれていますが、やはり放置しているままでは、大きなトラブルが発生していてもすぐに気付くことができません。当然トラブルに気付けなければ損失が増えても気付かない一方なので、少しでも損失が生まれるリスクを抑えるためにも、毎日発電量は計算しておくようにしましょう。太陽光発電計測用のシステムは、様々なメーカーが販売しており、シンプルで使いやすいものも多いので、定期的な情報収集のためにも導入を検討しましょう。



仕様のチェックを忘れずに



再生可能エネルギーを利用した発電の中でも、太陽光発電は設備の準備が簡単で、家の屋根などを使う小規模なものから、広大な敷地にソーラーパネルを何個も設置する大規模なものまで、自由な規模で挑戦することができる投資として、ここ数年の間で急激に人気を高めています。太陽光発電の投資で利益を得るためには、発電システムが正常に稼動し続けるようにチェックすることが最も重要ですので、太陽光発電計測用の機材を必ず用意しておくようにしましょう。

太陽光発電システムが正常に稼動しているかチェックするためには、想定される発電量を満たしているかどうかで判断できます。専用の日射計などを使って、どれだけの太陽光を受けているのか調べ、電気に変換する際にどれだけのエネルギーが失われているか計算することで、万が一発電システムにトラブルが出たときなど、何らかの形で発電量が低下しているかどうかを判断することができるようになります。

日射計をはじめとする、太陽光発電計測用の機材を選ぶ際は、それぞれの仕様のチェックを忘れないようにしてください。太陽光発電計測用の機材は、様々なメーカーが販売しており、それぞれで仕様が異なります。例えば据え置きタイプの製品は、ソーラーパネルの近くに取り付けることで、リアルタイムで情報を集めることができますし、ハンディタイプの製品は自分で持ち歩いて、定期的に発電システムの様子を見るときに使うと便利です。このように機材のタイプによってどういう場面で役立つかが変わってくるので、できれば複数の機材を揃えて、使用目的に応じた使い分けができるようにしておきましょう。また計測用の機材を複数用意することで、機材が故障しているかどうかも判断しやすくなるでしょう。

次の記事へ