日照計の種類について

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 日照計の種類について

日照計の種類について


日照計の種類について



日照計とは、太陽から放出されたエネルギーの量を観測するために用いられる観測計になります。現在では数多くの場所で使用されているため、「どこで購入すればいいの?」と思われる方も少なくないでしょう。確かに家電量販店で販売されているケースは少なくなっているため、専門のお店や業者に依頼をして購入をすることになります。また、「購入するまでに手間がかかるのでは?」と思われる方もいるでしょう。確かに専門店などが少なければ購入までに長距離の移動を余儀なくされる可能性もあります。しかし、現代はIT社会になります。基本的には多くのご家庭に光回線が導入されているため、インターネット接続環境が整っているところが多くなっています。

現在では、ガラパゴス携帯だけでなくスマートフォンやタブレットが普及しているので、スマートフォンからインターネットに接続できます。インターネット上には日照計などの観測システムを中心に販売しているところもあるので、そのようなサイトにアクセスして見積もりなどを取ることができます。そのため、数多くの方が購入しやすい環境が整っているのです。では、通販サイトではどのような日射計が販売されているのでしょうか。例えば、セカンドクラス日照計になります。高精度で高感度な点が特徴になります。例えば太陽光を遮蔽できるカバーがあるため、精度の向上を期待することができます。また、小型で軽量のために移動をしながら観測することもできるでしょう。そして、小型の製品も販売されています。小型かつ軽量なため、様々な環境で使用することができます。シンプルな構造が採用され、耐久性が高いため、天候が荒れることが予想される場所でも使用することができます。また、電源なども不要であるため、移動観測の時にも活用することができるでしょう。さらに、通販サイトでセンサーだけでなく、表示付きの製品も販売されています。表示付きのものを購入すればリアルタイムで日照量を計測することができるので、観測に役立てられるでしょう。また、軽量でコンパクトな表示付きの製品も販売されています。実際に表示付きの製品は表示される部分の機器を手で持って観測にあたるため、軽量であれば観測者の負担なども軽減することができるでしょう。防塵防水構造を採用している製品もあります。そして中には二重ガラス構造のものや、ガラス厚4ミリなどの製品もあり、例えば故意ではなく、思いもよらず日射計を地面に落としてしまったりすることもあります。

このような製品を購入すれば落とした場合でも破損するリスクは少ないため、長持ちしやすいのが特徴になります。最大、最小、平均値を表示でき、導入コストに関してはそれぞれの製品で異なりますが、表示付きの製品の中には10万円以下で購入することができる製品もあります。もし低予算で導入をしたい方は安い価格のものを導入してみてはいかがでしょうか。



日照計はどのような場所で使用されるの?



日照計と聞いて、どこで使用されるのかわからない方もいるのではないでしょうか。気象観測として用いられることもありますが、現在では太陽光発電の日射量を確認するために用いられるケースが多くなっています。現在の日本ではクリーンエネルギーが注目されています。例えば、従来においても存在した風力発電に関しては風を利用して発電を促すためクリーンなエネルギーと言えるでしょう。しかし、基本的に高額なため、中小企業においては購入する予算がない方も少なくありません。そのため、現在では太陽光発電システムをビルの屋上や空き地に設置をして発電をしている企業が多くあります。

一般家庭においても、屋根の上に設置をして電気料金を削減するために設置しているところもあります。ご家庭で日照の計測を日頃から行うことは少なくなりますが、産業用の太陽光発電システムを導入しているところでは、日照の計測を普段から行っているところも少なくありません。

このように、太陽光発電システムが設置されている場所で用いられるケースが増えています。



通販サイトでは見積もりやお問い合わせを受け付けてくれる?



通販サイトで日照計の購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。基本的に、店舗と同様に通販サイトで購入する時も見積もりの依頼をすることになります。通販サイトから見積もり依頼を引き受けてくれるところは多くなっているので、複数の通販サイトで見積もりを依頼し、値段などを見比べることもできるでしょう。

また、通販サイトでは見積もりの他にもお問い合わせを受け付けてくれます。例えば、観測状況によってそれぞれの方で求めている製品は異なります。観測環境に耐えられるのかどうかわからない方や表示付きかセンサーのみで迷われている方もいるでしょう。もしこのような悩みがある方は、一度通販サイトから相談をされてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ