気圧計で天候による環境の変化を即座にチェックする

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 気圧計で天候による環境の変化を即座にチェックする

気圧計で天候による環境の変化を即座にチェックする


正確な気象情報を知る



気圧は天候によって大きく変わります。気圧が上下することで大気の圧力が変わり、密度や屈折率などが変動することで、GPSやレーザーなど、様々な機器に誤差が発生してしまうので、正確な情報が求められる作業を行う際は、気圧の変化に合わせた機器の調整が求められます。そのためリアルタイムで気圧を観測することができる気圧計は非常に重要な機器として利用されており、天気予報などでは知ることができない、周辺の正確な気圧の情報を調べることで、より正確な作業を行うことができるようになります。

現在工業施設などで使われている気圧計は、即座に正確な数値を確認することができる、デジタル式のセンサーを採用しています。即座に情報をチェックすることができますし、メーカーによってはセンサーを搭載することで、指定した数値になったときにアラームで知らせたり、他の機器につなげて自動的に接続した機器の動きを変更したりと、気圧の変動によって引き起こされるトラブルを食い止めることができます。また気圧の変化が体調に影響を与えるという研究結果も報告されており、健康のために気圧をチェックしているという方もいるそうです。

気圧を正確に調べたいときに使う気圧計ですが、使用目的が多岐にわたるので、どれを購入するか慎重に選ばなければなりません。観測されたデータを確認する方法が違うこともあれば、他の機器に取り付けて使用できたり、使用できる温度範囲に差があることもあったりと、メーカーによってその特徴はまったく違うので、できる限り複数の業者を探しましょう。当然販売価格にも違いがあるので、資料請求などができれば、予めパンフレットなどを提供してもらってから、詳しいスペックなどを比較してみましょう。



幅広い目的で活用



普段は意識することが少ない気圧の数値ですが、最近は気圧の変動が健康にまで影響を与えると注目されています。気圧の変動によって気持ちが落ち込みやすくなったり、頭痛やだるさなどを感じるようになる方も多く、スマートフォンで気圧を調べられるようにもなっているそうですが、そうした個人レベルの問題だけでなく、工業機器を問題なく動かしたり、気象情報を正確に確認したりと、気圧にまつわる正確な情報がなければ、普段から何気なく使われているシステムが正常に稼動しなかったり、天気予報を知ることができなかったりと、非常に大きな問題に発展するでしょう。

気圧を正確に確認するためには、専用の気圧計を使用する必要があります。気圧の情報は様々な目的で使われているので、その種類も非常に豊富で、調べられる値に差があったり、より過酷な環境でも使用できるようにしたり、他の機材とあわせて使うことで、気圧の変動に合わせてシステム全体の動きをコントロールしたりと、まったく違う環境の使用が求められることもあるので、目的に合わせた気圧計の使い分けを意識する必要があります。

様々な分野で使われ続けてきた気圧計は、時代と共に進化を続けており、昔よりもはるかに正確な情報を集められるようになったり、機能を追加してより幅広い目的で利用できるようにしたりと、メーカー側も顧客の要望に応える形で、様々な製品を販売しています。メーカーの公式サイトなどで、どのような製品を販売しているか紹介しているところも多いので、新しい気圧計を導入する際は、どういう製品があるのか一度チェックしてみてください。



スペックを確認



体調不良のきっかけになったり、様々な危機の動作に影響を与えたりと、気圧は普段意識していなくても、様々な物事に大きな影響を与えます。そのため様々なシステムを問題なく稼動させるために、専用の気圧計が数多く開発されており、使用目的に応じて使い分けることで、正確に気圧を把握して、問題なくシステムが稼動できるよう監視しています。使用する環境によっては、一部の製品が使えなかったり、特定の機能が無いと仕事が困難になったりと、製品ごとのスペックの違いが影響することもあるので、新規に導入する際は必ずスペックを確認しておきましょう。

気圧計は使用目的に応じて造りを変えているので、スペックにも色々な違いが出てきます。例えば様々な環境においても、正確な情報を集めることができる耐久性に優れたものもあれば、すばやく気圧の変化をチェックして、問題点があれば自動的に報告してくれるものなど、同じ製品とは思えないほどの違いがあるものも少なくありません。そのためどこでどう使うのかきちんと把握しておかないと、現場で使えない製品を買ってしまうこともあります。

スペックなどの詳しい情報を知りたいときは、各メーカーの公式サイトなどをチェックしてみましょう。大抵は製品の解説やスペックなどが掲載されているので、そちらを比較してからどのメーカーの製品を購入するのか選びましょう。さらに似たような機能の製品でも、販売価格に差が出る可能性も少なくないので、新しい気圧計を新たに導入することになったときは、できる限り多くの情報を集めるよう心がけましょう。

次の記事へ