気象観測に不可欠な雨量計や雨量強度計を取り扱う専門店

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 気象観測に不可欠な雨量計や雨量強度計を取り扱う専門店

気象観測に不可欠な雨量計や雨量強度計を取り扱う専門店

雨量計や雨量強度計選択時のポイント



「気象観測」と目や耳にした場合、咄嗟に思い浮かべるのはテレビやラジオの気象情報、あるいは学生時代の理科の授業や宿題など、日常的に関わる行為とは一線を画するものといったイメージが先行するのではないでしょうか。ですが視野を広げてみると、実際にはとても身近な存在であり、日常のさまざまな側面で活用されている、非常に重要な作業である事が伺えます。

たとえば街中でたまたま大規模な建設工事風景に出くわしたと想像してみてください。着工から完成までの中長期的な作業期間においては、季節的な変化だけでなく天候の急変など、現場環境は常に大小さまざまな変化が起こっています。工事の計画を構築するにあたっては、雨量計や雨量強度計を用いての事前の調査だけでなく、施工中も測定値に基づいた安全の確保は必要不可欠となります。特に山岳地の斜面における作業、あるいは高層ビルの高い位置での作業などでは、平坦な低地とは比較にならないリスクが想定されます。そこでは着工にあたり風雨により生じる危険について、正しく把握して対策することが必要となります。

こうした雨量計や雨量強度計をはじめとする、各種気象観測に用いる機器の調達に際しては、専門店を活用することになるでしょうが、製品に関する専門知識を有していない場合はどうすればよいのでしょうか。とある観測作業に際し、どの機材が最も適切なのか、更には設置方法や実際に使用する際に必要となるノウハウについてなど、専門店に全面的なフォローを依頼する必要が出てくる場合もあるでしょう。特に気象観測が馴染み薄かったにもかかわらず、データを収集して調査をしなければならないとあれば、製品調達の段階から専門店との盤石な協力体勢の構築が必要となります。



気象観測機材専門店という存在



たとえ繁華街やオフィス街といった様々な専門店がひしめきあっているような場所であっても、気象観測機材の専門店を見つけられる可能性は極めて低いのが現実でしょう。これは非常に特化したジャンルの専門店であるのがその理由ですが、こうした機材が必要になった際には、インターネットの検索機能を活用する事で、情報を得たり入手したりすることができます。

既に企業として何度も気象観測の経験がある、あるいは必要な関連知識を有しているケースを除き、必要に迫られて雨量計や雨量強度計を調達して使用することになった場合には、まず初めに何をするべきかというところから迷ってしまっても不思議ではありません。こうした場合で大切なポイントとして、初歩的な質問や相談に対しても、顧客目線で誠意をもって対応してくれる専門業者をあらかじめ選択することが挙げられます。

気象観測機材は単に発注をかけて輸送してもらい、注文した側が受け取れば、それで終わりというものではありません。それから設置して活用できるようにすることが必要となりますが、なかなかすべてについて自力で対応できる機材ではないこともあるでしょう。装置の規模や仕様次第では、さまざまな角度からの見積もりと事前確認作業が求められるでしょうが、それらが適正価格なのか、本当に必要なプラスアルファの作業なのかを、必ずしも依頼者側が正しく判断出来る関連知識を持っていない場合があるのも特徴です。だからこそ綿密なコミュニケーションを通じて、信頼関係を築けると判断出来る専門店を窓口に選ぶ必要があります。



必要性が高まる気象観測をサポート



四季折々の気象状況の変化だけでなく、異常気象と表現されるような近年の現象は、さまざまな現場において潜在的なリスクを膨らませ続けており、一昔前のデータだけに頼って大規模な工事に着手するというのは、事故発生のリスクを上昇させてしまう行為と言わざるを得ません。突然のゲリラ豪雨から排水路系統の麻痺、がけ崩れや地滑り、地盤沈下などの被害例は、これまで各メディアが伝える通りであり、工事実施に関連する企業だけでなく、一般市民として日常生活を送っている人々の間においても、こういったリスクの回避手段として、雨量計や雨量強度計の有効活用に視線と意識が集まっています。

気象観測に特化した各種機材を専門に取り扱う業者と密接な関係があるのは、とりわけ建築業界というイメージがあるかもしれませんが、その他にも自社作業が天候の変化に大きな影響を受ける各業種にとっても、非常に重要なものとなっています。公共交通機関を運営管理する電鉄あるいはバス会社、更には遊覧船など乗船客を運ぶ船舶関連会社などは、いずれも雨量の変化から目を離してはならない業種の代表格でしょう。実際に既に専門業者と強固な業務提携をして、安全確実な運航のために、雨量計や雨量強度計をはじめとする各種専用機器を活用している企業も少なくありません。

地球温暖化や掘削工事など、人間が更なる生活の発展を求めて得た「便利」の代償として、今日では大気と地面の状態が非常に不安定かつ脆弱となっている現実から目を背けることはできません。そこで、気象観測とこの重要な確認作業をサポートする専門業者が担う役割と責任はより大きく重くなっていき、そして求められる機材とノウハウ両面に対するサポートもまた、より幅広く複雑となっていくことでしょう。

次の記事へ