水位計を駆使してより正確な情報を集めよう

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 水位計を駆使してより正確な情報を集めよう

水位計を駆使してより正確な情報を集めよう


目視ではできない判断



周辺に水源があり、水害などで被害が発生するのを抑えるためには、通常の水位を確認すると共に、どの程度まで水位が上がれば危険なのか調べることが重要です。浅い河川などなら特に問題なく調べることができるでしょうが、非常に深い場所や、汚れがひどい場所など、目視では正確な値が確認できないときは、より正確な情報を調べられる水位計が使われています。水位計は専用の計測機器を調べたい場所に下ろすと、様々な方法で水底までの距離を計測し、正確な水位を測ることができます。

水位計はより正確な情報を調べるために、様々な計測方法を採用しています。例えば圧力センサーで水圧を測定し、そこから水位を計算するものや、重りの角度が変わったかどうかで判断するもの、超音波を発生させて、水底までの距離を確認するものなど、状況に応じて測定方法を変更することで、より正確な情報を集めることができます。さらに水質によっては、測定器が反応しないこともあるので、どういう環境で使用できるかも気を配らなければなりません。そのため水位を確認する機会が多いのであれば、複数の測定方法を選べるようにしておくと良いでしょう。

水位計は時代を重ねるごとに進化を重ねており、かつては量水標のようなシンプルな造りのものしかなかったのが、超音波式やセンサー式など、様々な技術を投入することで、より正確な情報を把握できるようになりました。現在も様々なメーカーが独自の製品を販売しているので、古い機材を更新したら、想像以上に高性能になっていることもあるといいます。より正確な情報を手に入れるためにも、調査用の機材は定期的に更新して、新しいものを揃えておくのをおすすめします。



使いやすさに注目



河川などの水源が近くにある場所での建設作業では、安全な水位を把握しておく必要があり、専用の水位計を使用して、問題のある水位にまで水量が増えたときは作業を中止するなど、安心して作業を続けられるよう配慮します。水位を調べる方法は色々ありますが、現在は性能も向上しているので、簡単な作業で正確な水位を確認することができます。建築業以外でも水源が近くにある場所で作業をする方は多いので、安全のためにも用意しておいて損は無いはずです。

水位計を導入する際は、より使いやすいものを選びましょう。最近はデジタル式のものも増え、検査用の機材を水中に入れることで、水圧の変化を察知したり、超音波の反射の仕方を計測したりと、調査用の機材の仕様に応じて、様々な数値を算出していきます。もともと使い方も簡単ですし、デジタル方式を採用することで、より分かりやすく、多くの情報を手に入れることもできるようになったので、より使いやすそうなものが無いか探してみましょう。

より使いやすい水位計を導入したいときは、メーカーごとにどんな製品を作っているのか前もって確認してみましょう。似たような商品でも仕様がまったく異なり、特定の場所で正確な情報を調べられなかったり、調査したい場所の水位を知るための要求スペックが不足しているなど、使用する場所によっては役に立たないこともありえるので、そうした事態を起こさないためにも、自分たちがどの程度の要求スペックを求めているのか正確に把握し、それらをきちんと満たしてくれる製品が無いか探してみてください。



購入する際のポイント



水質管理や安全管理のために、河川などでは定期的に水位の検査を行うといいます。日本は水資源に恵まれているといわれていますが、それと同時に水害が起こるケースも多く、大雨などが原因で河川が増水して洪水が発生するなど、大きき名被害に発展することもあります。こうしたトラブルを起こさないためには、万が一増水などのトラブルがあったとしても、危険が少ないうちに避難するなどの対策を用意することが重要となるので、そのためにも専用の水位計を用意しておき、安全確認を行える環境づくりを意識しましょう。

水位計を購入する際のポイントとしては、やはりメーカーごとの違いに注目しておきたいところです。同じ水位を測るためのものでも、メーカーごとにその性能は異なり、検査できる範囲に差があったり、センサーの仕組みが異なり、特定の場所ではうまく情報を集められなかったりと、様々な環境においてそれぞれに適した機材を選ぶ必要も多いでしょう。そのため複数の場所で検査を行う際は、その時々の環境に最も即したものを使うようにしましょう。

水位計を選ぶ基準のひとつに、商品ごとの販売価格の違いがあります。最近は専用のセンサーが搭載されるなど、昔販売されていたモデルよりも性能が向上していますが、その分コストが高くなっている商品もあるかも知れません。具体的な価格については、実際にチェックしてみないと分からないことが多いので、まずは各メーカーのパンフレットなどを集めてみて、いくらぐらいで購入できるか比較してみましょう。性能や対応している場所などもチェックし、満足できる調査結果が出せる物を用意してください。

次の記事へ