通販サイトで販売されている温度センサーについて

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > 通販サイトで販売されている温度センサーについて

通販サイトで販売されている温度センサーについて


通販サイトでどのような温度センサーが販売されているの?



温度センサーの購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。温度センサーは様々な場所で使用されていますが、多くの方が想像するのが気象観測でしょう。従来の気象観測はセンサーではなく、温度計などで部屋の温度などを計測していました。しかし、現在では温度センサーを使用して温度を計測するのが一般的になっています。初めて気象観測される方の中で、温度センサーの購入を検討されている方の中にはどのようなお店で購入をすればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

確かに、身近な家電量販店などで販売されていることは少なくなっているため、初めて温度を計測する方の中には実物を見たことがない方も少なくないでしょう。現在ではインターネットが普及しており、同時にスマートフォンやタブレットにおいても個人の方で所有されている方は多くなっています。スマートフォンやタブレットでは、インターネットに接続して、ブラウザアプリを用いてサイトを検索することができたり、アクセスしたりすることができます。通販サイトで温度センサーを販売しているところもあるため、お店を知らない方は通販サイトで注文をすることができます。では、通販サイトではどのような商品が販売されているのでしょうか。

例えば、3線式のpt100タイプになります。特徴としては耐寒、耐熱ケーブルが採用されている点です。一般的な環境で温度を計測する時は、そのようなケーブルを採用しなくても長期間観測をすることができるでしょう。しかし、使用される場所は私達が生活し易い環境だけでなく、温度が低く雪などが多く降る地域や温度が比較的高い加工などを行う工場などでも観測をしなければならないことおあります。もし耐寒、耐熱ケーブルでなければ耐久性が保持されないため、ケーブル部分が熱などで溶けてしまったりするケースもあるでしょう。ですが、耐寒や耐熱があるものを選択すればこのような厳しい環境での観測を行うことができます。また、厳しい環境に更に対応できるように、業者に防水機能を搭載してもらうことができます。防水に対応するために保護管を二重にしてくれるので、水に接触しやすい環境で気象観測する際にも対応することができるでしょう。

その他の商品としては、通風シェルターが付いている小型の温度センサーになります。シェルターが付いていることによって太陽光から守る構造になっています。また、シェルターによって耐候性が強くなっています。また、衝撃に強いプラスチック製の樹脂が採用されているため、耐久性が高く、高精度の気象観測を実現することができるでしょう。基本的にはこのような特徴を持っているため、屋外での観測用として使用されるケースが多くなっています。その他にも、表面温度を計測する温度センサーも販売されています。通常の温度センサーとは異なり、対象物の表面の温度を計測する時に使用されます。

このように、通販サイトでは種類が豊富になっており、上記で紹介したもの以外の製品も販売されているので、ぜひ通販サイトでの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。



通販サイトで販売されている気象観測のための単品製品



気象観測をする方は温度センサーだけでなく、その他の製品を求めている方もいるでしょう。基本的に通販サイトではその他の気象観測をするための製品が販売されています。例えば風速計です。

通販サイトが取り扱っている風速計には、デジタルハンドタイプの風速計や飛行機型のものも販売されています。基本的に両者ともに本格的な気象観測を実現できる製品になります。しかし、個人でも風速を観測することができます。例えば通販サイトでは、スマートフォン用の風速計が販売されています。スマートフォンのイヤホンを挿入する部分に風速計を取り付けて、風速を普段の生活で観測することが可能です。スマートフォンの力を借りることによって電源が不要になります。そのため、電池の購入の手間や充電の手間を削減することができるでしょう。

スマートフォン用の風速計を使用する際には、専用のアプリケーションをインストールします。これによって、スマートフォンの画面を見てリアルタイムで風速をモニタリングすることが可能です。このように個人向けの商品も販売されているのです。



通販サイトで購入をする時は見積もりやお問い合わせを活用しよう



通販サイトでは、基本的に見積もりやお問い合わせができる機能がサイトの内部に搭載されています。

例えば、温度センサーを購入する時にどのような通販サイトで購入すれば良いのかわからなくなった際には、見積もりを複数の業者に依頼をします。こうすることによって業者が提示する値段などを比較することができるので、要望に添ったところを選択できる可能性が高くなるでしょう。

また、お問い合わせ機能を活用することによって不安や疑問点にアドバイスをしてもらうことができます。例えば、予定している設置場所に耐えることができる製品はあるのかどうかを確認して、適切な商品選びに役立てることができるでしょう。

次の記事へ