Pt100についての豆知識

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム > Pt100についての豆知識

Pt100についての豆知識


Pt100も通販サイトで販売されているの!?



気象観測は私達の生活に欠かすことができないものになっています。例えば温度を知ることによって、どのような洋服を身に付けて外出しようかを決めることができます。冬の季節は基本的に温度が低く、特に朝方に関しては一日の気温の中でも比較的低くなっています。朝方に会社に出勤をしなければならない方は、外出前に温度を知っておけばコートを羽織ったり、マフラーを身に着けたりする対策を事前に採ることができるのです。

基本的に温度を観測する時は温度計ではなく、現在では温度センサーが使われることが多いようです。気象観測は温度だけでなく、風速の観測なども行うことがあります。風速を観測する時は風速計を用いることになります。では、気象観測をするための温度センサーなどは何処で購入すればいいのでしょうか。インターネットの普及によって通販サイトで販売しているところもあるので、サイトからでも購入することができるでしょう。通販サイトの中には温度センサーを販売しているところもありますが、販売されている商品の中にはPt100を取り扱っているところもあります。中には、Pt100という言葉を初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。

Pt100は別名「白金測温抵抗体の一種」になります。白金測温抵抗体には大まかに分けて二つの種類があります。それは「Pt100」と「JPt100」になります。白金測温抵抗体は、金属の電気抵抗が温度の変化に対して変わる性質を利用して温度を計測することになります。主に低温の気象観測に関して精度が高く、そのような気象観測で使用されるケースが多くなっています。種類は複数あり、例えば-200度から100度に対応できる低温タイプや、0度から650度に対応できる高温タイプも存在しています。では、通販サイトではどのようなPt100タイプの温度センサーが販売されているのでしょうか。例えば、耐寒や耐熱ケーブルが採用されているPt100タイプの商品になります。温度を計測する場所は私達が住みやすいところだけでなく、様々な環境で観測が行われます。工場においては金属加工などを行っているところもあるでしょう。また、気温が低いところで気象観測を行うこともありますが、例えば冷凍保存をしなければならない食品加工などの冷凍庫などになります。このようなところでは通常の気温や環境とは異なるケースが多くなっていますが、Pt100タイプの製品であれば対応できる可能性が高くなります。

さらに、防水対応を施してくれるところもあります。防水に対応するために保護管を二重にすることによって実現することが可能です。環境によっては熱だけでなく、実際に水に濡れやすい環境で観測をしなければならないところもあるでしょう。当然温度センサーはケーブルになりますので、水に濡れやすい環境で防水機能が搭載されていないものを使用すると故障の原因になることもあります。そのような方は、防水が搭載されているPt100タイプの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。



気象観測をするための単品製品について



通販サイトでは先程も述べたように、Pt100タイプの温度センサーを取り扱っていますが、その他にも日射計や風向風速計なども販売されています。日射計は様々なところで活用されますが、基本的に使用される場所が多いのが太陽光発電システムを設置している場所です。現在では、住宅地を訪れると住宅の屋根に太陽光パネルが設置されているところも少なくありません。太陽光パネルはクリーンエネルギーで発電を行うことができる画期的な発電システムになります。特に住宅などの比較的スペースが少ないところでも設置が行え、また、電力を買い取りしてもらうことができる産業用のものも販売されています。

企業の中には使用していない土地を活用するために太陽光パネルを設置しているところもありますが、太陽光発電で電力を発電する時は太陽の熱や光を利用することになります。そのような場所で日射計を役立てることが可能です。風速計に関しては本格的に観測できる飛行機型のものなども販売されています。また、個人の気象観測に対応するためにスマートフォンで手軽に風速を観測できるものも取り扱っているところがあります。



Pt100タイプの温度センサーを購入するための通販サイトの選び方のポイントとは



Pt100タイプの温度センサーを扱っているところは複数存在しています。そのため、購入を検討されている方の中には、「どのような通販サイトを選択すれば疑問点などを少なくして購入できるのか」、または「安い価格で導入できるのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

選び方のポイントとしては、お問い合わせなどに対応してくれるかどうかです。お問い合わせに対応してくれる通販サイトを選択すれば、疑問点などがある方でも相談に乗ってもらうことができるでしょう。

その他のポイントとしては、見積もりなどを依頼できるかどうかです。複数の業者から見積もりを取り、見比べることによって安い価格で導入をすることができるでしょう。

次の記事へ