コラム (5ページ目)

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム

土壌水分計等によって記録する方法の利点
野菜を作るには畑の土について知る必要があります。土の性質は場所によって異なっているので、土の性質に合った野菜を育てることで美味しいものが作れると言えます。また、野菜の成長の面でも、土の性質を活かせば健……

土壌水分計による水分量の記録
 土壌水分計は土中に含まれる水分評価に特化した計測機器です。このような土中の水分の測定ではいくつかの評価方法が存在していて、代表的なものでは土中の誘電率を測定するTDR(Time Domain Ref……

土壌水分計の使い方について
土壌水分計とおいうのは土壌の水分量を測るための器具です。畑などの水分量を最適な状態に保つことで作物の生育がスムーズに行なえるようにするのに必要な機械です。農業を職業とする人ではなくても、家庭菜園などで……

土壌水分計の特徴と活用例
土壌水分計は、名前の通り土壌内の水分を計測する機械で、センサーを使い簡単に水分量が調べられる点に特徴があります。 使い方は、土壌水分計の仕組み次第で違いますが、基本は調べたい土壌にセンサーを挿すだ……

水位計の種類と価格について
みなさんは、「水位計」というのをご存知でしょうか。 水位計とは、河川や貯水池などの水面の高さ(水位)を測定するための装置です。 水位と人間の暮らしは、非常に密接な関係があります。 はるか古……

簡単に記録が取れる水位計の利用について
様々な自然観測を行う場面がありますが、その中には水位計という機器が存在しています。雨量計の場合では降雨している雨の量を計測することになりますが、水位計の場合では多くの水が溜まるような場所で水位を計測す……

長期保管が可能な水位計があります
水位計や水分計、雨量計などを業務や自宅で使用しているといった方は日本中に沢山いらっしゃると言え、水位観測や雨量測定を正確に行なう上で欠かせない機械であることから、最新作への買い替えを頻繁に行なっている……

水位計の使い方について
水位計とは、文字通り水位を測るためのものです。主に、河川の水位を測定する使い方が一般的です。水位計には先ほどにも書いたとおり、河川の水位を測定する量水計と、タンクなどの液面の水位を測る液面計の2種類あ……

気象観測システムを活用するポイント
気象観測システムは、地上にある雨量計、風向き風速計、温度・湿度計、積雪計などの計測機器を使用し、定点観測するシステムです。観測されたデータはリアルタイムで気象庁に送られ、気象状況の分析や、数値予報とし……

気象観測システムの仕組みについて
 気象観測システムは設置場所によって観測対象が変わり、地上・海上・高層・衛星などの分類がなされています。このうち、地上気象観測が特に主流の観測手法として扱われており、観測地点数が多いことや統計的に信頼……

気象観測を行う上でのポイント
日々の生活の中で気象観測を行う必要がある場合があります。その際の観測のポイントについて説明します。気象観測は1日のうちの決まった時間に同じ用具や操作法で行うようにします。日々の記録をつけていくことでそ……

気象観測の精度が一層向上する傾向にあります
現代社会において、気象観測というのは、防災面や健康管理などに使用される気象予報において、必要不可欠な作業とされています。 台風の接近や猛暑日の連続など、身近な部分で役に立っていることは、あらためて……

数値を記録できる風速計は通販で購入できます
アウトドアスポーツは若年層だけにとどまらず、中高年層にも浸透しています。若年層の代表的なアウトドアスポーツには、サーフィンやカヤック、ロッククライムなど海や山など多くのフィールドに活躍の場があります。……

風速計の記録システムとデータ管理の重要性
風速計は、ある地点での風速を測るシステムを指し、現在では気象に関するデータや未来を予測していくような内容全般に用いられています。日々刻々と変化する内容をしっかり記録しておけば、後々に十分役立っていくよ……

風向風速計の記録はヨットの安全航行に必要です
海上のスポーツは年間を通じて夏場が一番盛んです。サーフィンやウェイクボードなどの全身が濡れるタイプのスポーツは寒い季節は必要な装備が増えてしまいます。体温を下げないようにウェットスーツは当然ですし、場……

土壌水分計の原理と用途について
土壌水分計は、土壌に含まれる水分の量を計測するための機器のことです。土壌水分計といってもいくつかの測定方法があり、代表的に使われているのがTDR法、ADR法、テンシオメーター法があります。 TDR……

水位計の価格と相場について
水位計とは、水位を測定する装置のことをいい、川やダムなどの水位を測定する量水標や、タンクなどの液面の水位を測定する液面計があります。水位観測を行うためには、水位計が必要です。 装置を設置する場面や……

いろいろな風速計の原理
測候所や山頂などには、用途に応じてさまざまな形の風速計が設置されています。気象予報や防災には欠かせない観測器具であると同時に、交通機関の安全運行や、スポーツの記録を残すためにも重要な役割を果たしていま……

自作も楽しめる風速計
風速計とは、測候所や飛行場、山頂、塔などに設置されている風速を測定するための装置です。なお、風速とは地上約10メートルの高さにおける10分間の平均の風の速度のことで、0.25秒ごとに更新される3秒平均……

簡易風向風速計のメーカー品は通販でも購入できる
風向や風速を正確に測定するために利用される風向風速計は、いわゆる簡易型と呼ばれている商品価格の安いものであっても、かなり正確な数値を調べられるためコストパフォーマンス面に優れた商品が多くなっています。……

風向風速計には簡易型やケーブルを介する観測用が
主に天気予報や気象観測には温度計や雨量計のほか風向風速計などで観測しています。また飛行機や船舶の運航条件での観測で重要な役割を担っています。このようなさまざまな安全のための風向風速計はいろいろなタイプ……

風向風速計の仕組みとその価格について
気象観測を行う場合、風向・風速・気温・湿度・気圧・雨量の「気象観測の6要素」を計測することが一般的となっており、その中の風向と風速を測定する機器が「風向風速計」です。 この風向風速計には「風……

風速を記録する風向風速計の価格
風速計とは、風の速さを測定するための装置で、飛行場や塔、山頂、気象台などに設置されています。気象観測や陸上の記録などを判定するための重要な要素であり、様々なタイプのものが開発されています。ちなみに、風……

風向風速計の設置方法と記録の読み方
風向風速計とは、風向を知るための風向計と、風速を計測する風速計とを合わせた機器です。 風向風速計は、平らな開けた場所に専用の支柱を立て、地上10メートルの高さに設置するのが基本となっています……

風向風速計はレンタル利用と購入利用との比較
 風向風速計とは、風向きだけでなく風の速さも計測できる機械です。気球を飛ばすなどの場面で気象を測らなくてはならないときだけでなく、日常的に気象を計測している人も使います。風向風速計は自作する人も購入す……

ポケットサイズのスマートフォン対応風向風速計
気象観測グッズの一つである風向風速計は、今では気象庁や地方公共団体、電力供給会社などの事業者だけでなく、一般向けに開発された商品も登場しました。特に注目を集めているのがスマートフォンやタブレットに差し……

雨量計の種類や価格、サイズについて
雨量計には、機構によって転倒ます型や貯水型があり、価格はメーカーのほか検定によっても異なります。 貯水型には、貯水された降水を目視で確認する簡易的な貯水型指示雨量計と、自動的に測定する貯水型自記雨……

低価格で雨量を計測できる簡易雨量計
日によって天候は変化します。また、季節によっても天候に特徴があり、梅雨の時期では、頻繁に雨が降り、冬には雪が降ります。それらを予測するための手段として、天気予報がありますが、天気予報であっても確実なも……

雨量計を使えば算式を知らなくても記録できます
ゲリラ豪雨などといった短時間に大量に雨が降ったり、降り始めから何日間も雨が降り続くことが多くなってきました。大量の雨によって土砂崩れや道路の冠水といったものから、堤防の決壊などと言った大きな災害が引き……

雨量計は正確な記録のためには設置場所が重要
雨の降水量を把握することは、色々な面で役立つため、計測するための機器があれば非常に便利です。降水量を把握する手段にとしては、一般的に天気予報などを利用することが主となります。天気予報であれば、事前に予……

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ