コラム (5ページ目)

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム

数値を記録できる風速計は通販で購入できます
アウトドアスポーツは若年層だけにとどまらず、中高年層にも浸透しています。若年層の代表的なアウトドアスポーツには、サーフィンやカヤック、ロッククライムなど海や山など多くのフィールドに活躍の場があります。……

風速計の記録システムとデータ管理の重要性
風速計は、ある地点での風速を測るシステムを指し、現在では気象に関するデータや未来を予測していくような内容全般に用いられています。日々刻々と変化する内容をしっかり記録しておけば、後々に十分役立っていくよ……

風向風速計の記録はヨットの安全航行に必要です
海上のスポーツは年間を通じて夏場が一番盛んです。サーフィンやウェイクボードなどの全身が濡れるタイプのスポーツは寒い季節は必要な装備が増えてしまいます。体温を下げないようにウェットスーツは当然ですし、場……

土壌水分計の原理と用途について
土壌水分計は、土壌に含まれる水分の量を計測するための機器のことです。土壌水分計といってもいくつかの測定方法があり、代表的に使われているのがTDR法、ADR法、テンシオメーター法があります。 TDR……

水位計の価格と相場について
水位計とは、水位を測定する装置のことをいい、川やダムなどの水位を測定する量水標や、タンクなどの液面の水位を測定する液面計があります。水位観測を行うためには、水位計が必要です。 装置を設置する場面や……

いろいろな風速計の原理
測候所や山頂などには、用途に応じてさまざまな形の風速計が設置されています。気象予報や防災には欠かせない観測器具であると同時に、交通機関の安全運行や、スポーツの記録を残すためにも重要な役割を果たしていま……

自作も楽しめる風速計
風速計とは、測候所や飛行場、山頂、塔などに設置されている風速を測定するための装置です。なお、風速とは地上約10メートルの高さにおける10分間の平均の風の速度のことで、0.25秒ごとに更新される3秒平均……

簡易風向風速計のメーカー品は通販でも購入できる
風向や風速を正確に測定するために利用される風向風速計は、いわゆる簡易型と呼ばれている商品価格の安いものであっても、かなり正確な数値を調べられるためコストパフォーマンス面に優れた商品が多くなっています。……

風向風速計には簡易型やケーブルを介する観測用が
主に天気予報や気象観測には温度計や雨量計のほか風向風速計などで観測しています。また飛行機や船舶の運航条件での観測で重要な役割を担っています。このようなさまざまな安全のための風向風速計はいろいろなタイプ……

風向風速計の仕組みとその価格について
気象観測を行う場合、風向・風速・気温・湿度・気圧・雨量の「気象観測の6要素」を計測することが一般的となっており、その中の風向と風速を測定する機器が「風向風速計」です。 この風向風速計には「風……

風速を記録する風向風速計の価格
風速計とは、風の速さを測定するための装置で、飛行場や塔、山頂、気象台などに設置されています。気象観測や陸上の記録などを判定するための重要な要素であり、様々なタイプのものが開発されています。ちなみに、風……

風向風速計の設置方法と記録の読み方
風向風速計とは、風向を知るための風向計と、風速を計測する風速計とを合わせた機器です。 風向風速計は、平らな開けた場所に専用の支柱を立て、地上10メートルの高さに設置するのが基本となっています……

風向風速計はレンタル利用と購入利用との比較
 風向風速計とは、風向きだけでなく風の速さも計測できる機械です。気球を飛ばすなどの場面で気象を測らなくてはならないときだけでなく、日常的に気象を計測している人も使います。風向風速計は自作する人も購入す……

ポケットサイズのスマートフォン対応風向風速計
気象観測グッズの一つである風向風速計は、今では気象庁や地方公共団体、電力供給会社などの事業者だけでなく、一般向けに開発された商品も登場しました。特に注目を集めているのがスマートフォンやタブレットに差し……

雨量計の種類や価格、サイズについて
雨量計には、機構によって転倒ます型や貯水型があり、価格はメーカーのほか検定によっても異なります。 貯水型には、貯水された降水を目視で確認する簡易的な貯水型指示雨量計と、自動的に測定する貯水型自記雨……

低価格で雨量を計測できる簡易雨量計
日によって天候は変化します。また、季節によっても天候に特徴があり、梅雨の時期では、頻繁に雨が降り、冬には雪が降ります。それらを予測するための手段として、天気予報がありますが、天気予報であっても確実なも……

雨量計を使えば算式を知らなくても記録できます
ゲリラ豪雨などといった短時間に大量に雨が降ったり、降り始めから何日間も雨が降り続くことが多くなってきました。大量の雨によって土砂崩れや道路の冠水といったものから、堤防の決壊などと言った大きな災害が引き……

雨量計は正確な記録のためには設置場所が重要
雨の降水量を把握することは、色々な面で役立つため、計測するための機器があれば非常に便利です。降水量を把握する手段にとしては、一般的に天気予報などを利用することが主となります。天気予報であれば、事前に予……

自作することもできる雨量計
降水量は一定時間内に降った雨や雪などの量を示す数字で、単位はmmです。これは降った雨が流れたり染み込んだり蒸発したりしないで、そのまま地表に溜まった場合の高さを表します。ですから原則として、計測する機……

土壌水分計の価格の相場と設置方法や使用について
土壌水分計は、土壌に含まれている水の量を計測するための機器です。その使用目的としては、農業や園芸などで植物を育てるため、最適な土壌環境に整備する上で用いられたりすることが多いです。 その他に……

測定精度3%単位での記録が可能な土壌水分計
自然環境を様々な角度から測定する気象グッズを販売している会社があります。販売している商品には、温度・湿度の他に風を測定するものから光を測るもの、気圧や雨量を測るものまで気象観測に必要なものが様々そろっ……

野菜づくりに記録したい土壌水分計の簡単な使い方
野菜づくりをはじめるうえで大切なのは土づくりであり、肥料などのほか水分量が重要になってきます。たっぷりあげると元気に育つイメージがありますが、必要以上に多くなってしまうと成長せずに腐ったり、葉の数だけ……

土壌水分計の概要と、自作で作れるかについて
土壌水分計を簡単に書くと土の中に含まれる水分を計測する機器のことを指します。土壌の水分を計測する方法としてはいくつかの方法があります。 TDR法は時間領域反射率測定法のことでロッドを土の中に埋め込……

水位計の種類と記録の方法
水位計は井戸を使った灌漑農業の始まりとともに生まれたと言われています。古代エジプトではナイル川の氾濫を予測するために、今日のような量水板が用いられていました。また古代ローマでは都市に上水道が整備され、……

水位計は価格ばかりではなく用途で選ぶ
水位計は我々の日常生活ではあまり目にする機会が少ないものですが、実際はさまざまなところで使用されており、我々は思わぬところでその恩恵を受けているものです。大雨や台風の際の河川の氾濫などによる被害を防ぐ……

水位計の種類とその特徴
河川や池、湖は大量の雨が降ると水位が上昇しますし、もちろん反対に雨が降らないことで水位は下がっていきます。水位が上昇し氾濫の危険が迫ってくれば、堤防が決壊しないように土嚢の準備や付近の住民に対し避難の……

気象観測システムの目的について
気象観測は気象業務の基礎となるもので、これらのデータを定常的にリアルタイムで集められ、気象の解析や数値予報、防災業務や天気予報を目的に利用されます。観測システムの概念として、気象レーダー観測・人工衛星……

気象観測システムで雨量の計測をする
現在、日本ではさまざまなところで気象観測が行われています。そのため、以前よりも天気予報の精度が上がり、天気を予測しやすくなりました。特に、雨量の計測は、最近重要視されるようになっています。近年、ゲリラ……

使い道が豊富な気象観測データ収集機器
気象観測用製品は、データ収集を目的として開発されていますが、その使い道は数多くあります。 一般的に知られる使い方としては、公共にデータ提供を行う天気予報で、人々の日常生活を支えています。 気温……

位置によって種類が変わる気象観測
今日私たちが生活している中でどの位置・場所にいても防災や公共利用時などで利用する気象予報は無くてはならないものになっています。そんな気象予報のために必要な気象現象のメカニズムの解明に使用される基本的な……

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ