コラム (6ページ目)

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム

自作することもできる雨量計
降水量は一定時間内に降った雨や雪などの量を示す数字で、単位はmmです。これは降った雨が流れたり染み込んだり蒸発したりしないで、そのまま地表に溜まった場合の高さを表します。ですから原則として、計測する機……

土壌水分計の価格の相場と設置方法や使用について
土壌水分計は、土壌に含まれている水の量を計測するための機器です。その使用目的としては、農業や園芸などで植物を育てるため、最適な土壌環境に整備する上で用いられたりすることが多いです。 その他に……

測定精度3%単位での記録が可能な土壌水分計
自然環境を様々な角度から測定する気象グッズを販売している会社があります。販売している商品には、温度・湿度の他に風を測定するものから光を測るもの、気圧や雨量を測るものまで気象観測に必要なものが様々そろっ……

野菜づくりに記録したい土壌水分計の簡単な使い方
野菜づくりをはじめるうえで大切なのは土づくりであり、肥料などのほか水分量が重要になってきます。たっぷりあげると元気に育つイメージがありますが、必要以上に多くなってしまうと成長せずに腐ったり、葉の数だけ……

土壌水分計の概要と、自作で作れるかについて
土壌水分計を簡単に書くと土の中に含まれる水分を計測する機器のことを指します。土壌の水分を計測する方法としてはいくつかの方法があります。 TDR法は時間領域反射率測定法のことでロッドを土の中に埋め込……

水位計の種類と記録の方法
水位計は井戸を使った灌漑農業の始まりとともに生まれたと言われています。古代エジプトではナイル川の氾濫を予測するために、今日のような量水板が用いられていました。また古代ローマでは都市に上水道が整備され、……

水位計は価格ばかりではなく用途で選ぶ
水位計は我々の日常生活ではあまり目にする機会が少ないものですが、実際はさまざまなところで使用されており、我々は思わぬところでその恩恵を受けているものです。大雨や台風の際の河川の氾濫などによる被害を防ぐ……

水位計の種類とその特徴
河川や池、湖は大量の雨が降ると水位が上昇しますし、もちろん反対に雨が降らないことで水位は下がっていきます。水位が上昇し氾濫の危険が迫ってくれば、堤防が決壊しないように土嚢の準備や付近の住民に対し避難の……

気象観測システムの目的について
気象観測は気象業務の基礎となるもので、これらのデータを定常的にリアルタイムで集められ、気象の解析や数値予報、防災業務や天気予報を目的に利用されます。観測システムの概念として、気象レーダー観測・人工衛星……

気象観測システムで雨量の計測をする
現在、日本ではさまざまなところで気象観測が行われています。そのため、以前よりも天気予報の精度が上がり、天気を予測しやすくなりました。特に、雨量の計測は、最近重要視されるようになっています。近年、ゲリラ……

使い道が豊富な気象観測データ収集機器
気象観測用製品は、データ収集を目的として開発されていますが、その使い道は数多くあります。 一般的に知られる使い方としては、公共にデータ提供を行う天気予報で、人々の日常生活を支えています。 気温……

位置によって種類が変わる気象観測
今日私たちが生活している中でどの位置・場所にいても防災や公共利用時などで利用する気象予報は無くてはならないものになっています。そんな気象予報のために必要な気象現象のメカニズムの解明に使用される基本的な……

測定値をリアルタイムに記録できる風速計も
天候の観測は、主に気象庁や民間の気象情報サービス事業者によって実施されています。これらの機関では正確かつ迅速な情報収集が必要とされるため、誤差の少ない精密な機器を用いた測定が行われます。 しかし、……

風速計についての説明
風速とは  大気が動く様子を速度の面から測定するのが風速計です。よって、細かく測定してもあまり意味はありません。風は自然の現象なのでたえずその速さは変わります。よって、細かく測定してもあまり意味は……

簡易な風向風速計の使い方
はじめに  気象の要素のうち 風向・風速・ 気温・湿度・気圧などは機材を用いて測定します。風向と風速についてはまとめて風向風速計で観測することが可能です。しかも風向と風速については簡易な方法である……

価格では決まらない現場で異なるおすすめの風向風速計
風向風速計を利用することよって、まさにその瞬間の風向や風速を計測することができます。時間によって刻々と変化していく風向や風速を正確に測定していくということは容易なことではありません。技術が進展してきた……

風向風速計のニーズとレンタルと購入の価格の実際
日常生活の中で風向や風速が気にかかるのは台風の到来のときでしょう。気象情報を見ると中心気圧や暴風域の情報が知恵供されるとともに、最大瞬間風速がどの程度であるかということが伝えられます。それによって台風……

簡易型の風向風速計でも記録は可能
風は私たちの生活に大きな影響を与えています。風の状況を知ることは、天候の変化を予測することに重要な要素であることは言うまでもないことです。これは、天気予報でも、各地の風速と風向は雨量と共に必ず示されて……

風向風速計での記録の仕組みについて
風の状況を測定することは、天候の予測に非常に重要なことです。温暖化の影響でしょうか。近頃、台風をはじめ、竜巻や突風による被害は各地で多発しています。こうした天候の変化を早期に予測するには、風の状況、具……

風向風速計の価格はいくらするのか
地上の風を測るための機器としては風速計が良く知られていますが、機種によっては風速だけでなく風向を同時に知ることができるタイプのものもあります。一般的には風向風速計と呼ばれており、そのタイプとしては固定……

風向風速計の種類について
風の観測は気象を知るうえで、温湿度と並んで最も重要な項目といっても良いでしょう。気象の変化は風の変化としてとらえることもできるといっても過言ではないのです。台風や、昨今頻繁に現れるようになったゲリラ豪……

雨量計は価格や検定合格より機能重視がおすすめ
降水量を計測するためのツールとして一般的に用いられているのが雨量計であり、気象庁の定めに従うと検定に合格した転倒ます型あるいは貯水型のものを用いることが要求されています。公共的な気象観測には検定合格が……

レンタルで使いやすい高価格な雨量計と検定の合格
日本は山と海に恵まれた環境であることもあって、年間を通じて比較的雨が多く、それによって水が豊かな環境が作り上げられています。海から出た蒸気が山で凝集して雲を作り、それが雨を降らせているというのが基本的……

簡易な雨量計による降水量の記録のとり方
降水量とは  雨だけを降水量というわけではなく雪、ひょう、あられ、みぞれも加えて降水量といいます。雪、ひょう、あられ、みぞれについては全て溶かしてから降水量として測定します。降水量は降水の深さをミ……

雨量計の仕組みと記録について
雨の量を計測するものに雨量計があります。雨量計にはいくつかの種類がありますが、その中の1つに気象庁のアメダスでも使用されている転倒ます型雨量計があります。形状としては普通式と温水式の2つがあり、温水式……

雨量計の種類によっても違ってくる価格
降雨量を測るものとして雨量計があります。雨量計は、そのほとんどが、気象庁がアメダス観測所などで使用している転倒ます型となっており、製品によって特徴も価格も異なっています。現在市販されている雨量計は降雨……

雨量計の種類について
雨量計とは降水量を計測する機器です。受水器という漏斗状のものによって機器内に雨水を誘導してその量を測り、降水量を計測します。入水器に電熱線や過熱油などヒーターを内蔵した雨量計を利用することで寒冷地で雪……

簡単に使用できるおすすめ土壌水分計と価格
土壌に含まれる水分量を測定する機器に土壌水分計があります。土壌水分計には農場などで使用される詳細なデータを採取するための高額なタイプから、一般家庭で使用できる、例えば家庭菜園などで手軽に使用できるもの……

土壌水分計の一般的な価格とレンタルについて
土壌水分計は園芸を趣味にしている方には比較的馴染み深い測定器でしょう。植物は種類によって、過剰なほどの湿り気を好むものもあれば、少し乾燥しているほうが良く育つものもあります。水やりが足りなくて枯れてし……

土壌水分計の記録とセンサーについて
土壌水分計とは、文字どおり、土の中の水分量を測るものです。農作物の成長や、建築物を建てるときに使ったりします。通常、温度計や湿度計と違って、土壌水分計を使う人はめったにいません。くだんのように農作物の……

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ