コラム (7ページ目)

気象観測システムのフィールドジョイTOP > コラム

土壌水分計の種類と価格について
土中の水分を計測する機器に土壌水分計があります。土壌水分計は野菜などの作物を作る場合などにも利用されており、そこでは植物に最適な水分の量などを知るために活用されています。種類としては、その方法から大き……

土壌水分計の種類と性能について
土壌水分計とは、土の中に含まれる水分の量を計測する機器です。研究や農業、身近なところでは園芸などでも使われています。野菜や果物を作る際、水をやりすぎると苗木を腐らせてしまったり、虫が発生してしまったり……

水位計の種類によっても違うレンタル価格
水位観測は、河川や地下水、また湖沼や海だけでなく、上下水道や農業など様々な場所で行われますが、この場合には水位計が利用されることになります。水位計には、水晶式や水圧式に見られる投げ込み式や電波や超音波……

水圧計等の多様な測定原理による水位計とその価格
水位を計測するという作業は一般人の日常生活の中にはあまり浸透していないものでしょう。水位を知りたくなるというとプールの深さを知りたいとか、海岸の水の深さを知りたいといったものが典型的ですが、そのために……

種類も価格も多様な正確な記録ができる水位計
日本は大きな山脈が連なる国であると共に、海に囲まれた島国でもあります。そういった地形的特徴から河川や湖が豊富にあり、その活用が歴史的にも古くから行われてきました。一方で、河川の氾濫に伴う災害も多いとい……

水中に機器を下ろして記録を取る、投げ込み式水位計
投げ込み式水位計は、水中に機器を下ろして記録を取る機器です。名前からして、人が投げ縄のように振り回して海や川に投げ入れる様子をイメージされるかもしれませんが、実際には機器を壊さないように丁寧に下ろして……

水位計の種類について
河川上流域から河口、地下水や湖沼、海だけでなく、上下水道や工業農業、工場や工事現場など、さまざまな場所で水位観測が行われています。定期的に観測することで、河などの氾濫を予測したり、工場での排水給水にか……

フロート式水位計の特徴について
フロート式水位計は、その名の通りフロート(浮き)を利用して水の高さを測る機械です。水位計に用いられるタイプとしては最も一般的なもので、主に海面の昇降を観測する験潮や、河川や池、水路等の水位を調べる水位……

気象庁で使用する気象観測システムについて
雷雨や集中豪雨などを始めとして、様々な気象の変化を観測し、そこでのデータを基にして気象現象の監視を行う部署に気象庁があります。気象庁では、地上気象観測装置を全国に配置してポイント毎の観測を行う他にも、……

観測所における気象観測システムについて
気象観測は、大きく分けて、地上気象観測などの低所で行われるものと、気象衛星などを利用した高層で行われる2つの方法があります。その中でも地上観測は有人と無人によって行われており、その施設には気象台や測候……

気象観測における気温の測定法
気温を測る意義  外気温を気象観測で毎日続けて計測することで、日々の気象の変動や季節の移り変わりなどを知ることができます。  大気の温度を年間にわたり測定すると、この年が平年と比較して寒……

宇宙からの気象観測ひまわり8号
今年の7月7日、宇宙から気象観測をする人工衛星、ひまわりが7号から8号に変わりました。これにより、電磁波の観測領域が約5倍に広がり、観測うできる物が増えました、また、データの送信速度があがり、これまで……

簡易な風向風速計について
気象要素は、 風向・風速・雲量と雲形・天気記号・ 気温・湿度・気圧などからなりますが、このうち風向と風速を風向風速計でまとめて簡易的に測定できます。正しく用いることで必要に応じた観測データを得られます……

土壌水分計の記録形態について
一般的に普及している土壌水分計の活用定義としては、土中に含有されている水分量がどのくらいであるかを計測する機器を指します。 使用目的として栽培している野菜の成長の確認や、品種改良その他の現状改善に……

風向風速計の価格と湿度の関係
風向風速計は文字通り風向きと風速を測定することの出来る装置として、主に測候所や飛行場や塔の山頂その他に設置されることが多いのが特長となっております。 ひと口に風速計と言っても用途に応じて数種類存在……

風向風速計を用いた計測と記録
風向と風速の気象要素を観測するために風向風速計を用います。現在では気象庁では自動観測装置が全国各地に整備されて一括したデータ処理が可能となっています。ここではそれとは別に、個人で風向風速計を用いた風向……

風向風速計の製品について
風向風速計には様々な種類があり、予算や使いたい種類によって好きな製品を購入することができます。風向風速計は風についての情報を知りたい時に使われる道具で、最大風速などを調べたい時に使用されます。使用用途……

雨量計で湿度も測れる?・・・その価格は?
雨の季節ってじめじめして洗濯物も乾かないし、外に出ると濡れますし、イヤになりますよね。 雨がどれくらい降っているのかを計測するのが雨量計になりますが、一般でこれをもっている人はほとんどいません。 ……

気象状況を記録するには雨量計が不可欠です。
雨量計は、受水器を用いて降水を機器内に導いて、量を測ることで降水量を求めるものです。 寒冷地では受水器などの降水に接する部分に、電熱線や加熱油などを用いたヒーターを備えることで、雪などの降水も測る……

雨量計による観測と注意点
降水とは 降水とは雨だけをさすのではなく、ひょうや雪、みぞれ、あられなども含みます。これらを降水量として降水の深さについてミリメートルの単位(mm)で示します。雪など固体のものは溶かしたうえで降水……

土壌水分計商品の価格帯について
土壌水分計の商品は、手軽に持ち運びが行えたり、その場で計測出来るハンディータイプセンサーと、設置して長時間計測可能な2種類が有ります。 ハンディータイプは、計測精度が3%以内と高性能で、価格は安く……

土壌水分計の測定原理について
土壌中の水分の測定は基礎的な事ですが、農業にも関わり大切な意味を持っています。なぜならば土壌中の水分は植物の育成に大きな影響を与えるからです。自然界では、水分を得る方法は雨水によります。人が関わる場合……

水位計の装置の価格について
四季がはっきりしており、季節ごとにさまざまな気象現象が起きるのは、日本の気候の大きな特徴であるといえます。昔ながらの日本家屋など、日本の文化はこうした気候に大きな影響を受けており、高温多湿の日本の気象……

水位計記録の温暖化の影響は
水位計は水の表面がどの位置にあるのかを調べるための計測器のことです。もっとも単純な水位計としては量水標と呼ばれるものがあり、水位を測りたい場所に柱などの構造物を立て、そこに目盛をペイントしておくという……

水位計のシステムと概要について
水位観測に使用する測定器に水位計があります。水位観測は、日常生活においても深いつながりがあり、それは、河川の水位、地下水、また湖沼や海などで行われ、他にも上下水道や工場、また、農業や工事現場などでも行……

地域ごとの気象観測システムの必要性
気象観測とは、気象現象の観測を行うこと全般を指す言葉ですが、人類史の中では古代の自然現象観測から始まり、現在では地球の内外のあらゆる場所で行われているものです。 気象予報は、防災や健康管理の上でも……

気象観測の歴史と役割について
気象観測の歴史は古くから農作物や軍事面などでも重要なものとして存在し、科学の発展により多様化してきました。現在では日本でも気象庁をはじめとした気象観測予報が行われており、観測の精度も高くなっています。……

風速計、実は風で発電し記録している優れものも
地球温暖化の影響でしょうか。ゲリラ豪雨とか、巨大台風とか、なんだか天気の変化が激しいような今日この頃ではないでしょうか。雨はいやですが、これに風が加わると傘が飛ばされてずぶ濡れなんてことになって最悪で……

風速計でエネルギーの強さを数値化して活用する
風のエネルギーは、甘く見ていると困り事が発生する引き金になり得ます。自然界の力は人類が想像している以上に強いことが多くあり、日常生活に心地よさを感じさせるものではないからです。強い風のせいで毎日のよう……

種類別に知る風向風速計の価格
風向風速計は、風向きと速さを計測する機械で、大きく分けると3種類のグループに分けられます。 機能だけでは無く、作りや耐久性、そして価格に差は表れますから、選択する際には、違いを理解して購入を検討し……

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ