ハンディー型土壌水分計 HydroSenseⅡ

特徴

  • コンパクトかつ軽量
  • 計測器と表示器、一体型
  • 土壌に挿すだけで、素早く簡単に計測
  • GPS内蔵で位置情報を記録可能

HydroSenseⅡは、TDR方式の計測器・表示器一体型土壌水分計です。センサー部の電極を計測場所に挿し込むことで、土壌の構造を壊すことなく、連続的に含水率を測定できます。GPSを内蔵した小型の液晶ディスプレイ付き操作部, および計測部から構成されており、単三の乾電池4本で動作します。
測定は、センサー部の電極を土壌に挿入し、おおむね3秒以内に測定結果とGPSによって得られた位置情報がディスプレイに表示されます。測定値は、1000データまで記録可能です。別売のBluetoothアダブターを接続することで、測定データをPCに取り込むことも可能です。センサー部のロッド長は、120mmもしくは200mmが選択できます。

[ 価格:227,000円(税別) ]


仕様

センサー部 寸法:145 × 100 × 40(mm)  重量:420g(ケーブル含まず)
ロッド長:φ5×120 または200(mm)
ロッド間隔:32(mm)  ケーブル長:約2.5m コイルケーブル
表示部 液晶表示:2.9 インチLCD 表示(128×64pixel)
バックライト付き
測定範囲:5%~50% VWC
水分測定精度:約±3% (HS2-20 :~4ds/m 時)
分解能:±0.05%
GPS 精度:±5m
記録:1000 データ(GPS 位置情報同時記録)
通信:Bluetooth2.1  電源:単三アルカリ乾電池×4 本
寸法:200 × 100 × 77(mm)  重量:約350g
付属品 ロックタイト、レンチ、キャリングケース、
Hydro ソフトウエア、
バッテリーホルダー、ドライバー
別売品 土壌水分センサー CS659(ロッド長120mm)、
CS658(ロッド長200mm)
USBマイクロアダプター