土壌水分計 SM150

特徴

  • 精度±3%
  • 温度・塩分濃度の影響を受けにくい
  • 耐環境性-20~60℃
  • 汎用の計測器に接続可能な0~1V出力
  • 現場での読み取りが可能
    (別途、ハンディーロガーHH150が必要)

 サーミスタ温度センサを省き、土壌水分の計測のみに特化したローコストモデル。SM300とケーブルの仕様、ボディ、ニードルなど基本構成が共通なので、使いまわすことが可能。
高周波を中央ロッドから発生させ2本のロッドで受信、土壌のインピーダンスの差によって生じる干渉反射波の振幅差を電圧として出力し、誘電率を計測(Delta-T社独自のADR法)。TDR式と比較して、温度依存や塩分濃度の影響が非常に少なく、農薬や化学肥料を使用している土壌にも対応可能。外部DC電源を供給すると規定電圧が出力し、データロガー等に直接入力が可能です。

[ 価格:OPEN(お見積りにてお問い合わせください) ]


仕様

応答時間 0.5sec(99%)
測定精度 ±3.0% ( 0〜70%、0~60℃にて)
出力 土壌水分:0~1V(含水率0~0.6m3/m3)
※大気中は0 m3/m3 真水では、1V 以上を出力
温度特性 ±0.5%/℃(0~40%・0~60℃にて)
塩分特性 ±5%(0~40%・50~500mS にて)
電源・電流 DC5~14V 測定時:18mA
使用温度範囲 -20~60℃
防水性 IP68 相当
寸法・重量 φ40×143L(mm) ロット長51mm ・ 約100g
出荷時指定 ケーブル長:標準5m 中継ケーブルにて延長可能(全長:10,15、30m)
例: SM300(型名) - L10(ケーブル長)

オプション:SM150-KIT

土壌水分計 SM150-KITSM150 本体・ハンディーロガーHH150・
専用1.5 ケーブル・専用ケース・電池