小型土壌水分計 WD-3

特徴

  • 測定の電気伝導度の影響を極小化
  • 誘電率の温度依存性を補償
  • 体積含水率(VWC)はリニアライズされており、設定が容易

 高信頼性・低価格の日本製の土壌水分計。折返し平行伝送線路方式の採用により、回路の簡素化が向上。温度依存や塩分濃度の影響が非常に少なく、農薬や化学肥料を使用している土壌にも対応可能。外部電源を供給することで規定電圧が出力し、データロガー等に直接入力が可能。

[ 価格:OPEN(お見積りにてお問い合わせください) ]


仕様

センサープローブ長 50mm
測定機能 体積含水率(VWC)
電気特性
検出方法
折り返し平行伝送線路方式
測定範囲
絶乾(0%)~ 飽和(100%)
精度
±5% F.S(VWC 0~50%時)
±15% F.S(VWC 50~100%時)
アナログ出力
0~1V
温度範囲 動作温度範囲:-40~50℃
測定温度範囲:0~50℃
電源・消費電流 DC4.5~15V ・ 40mA(9V 時)
防水性能 耐水
寸法・重量 120×36×12(mm) ・ 40g(ケーブル重量除く)
出荷時指定 ケーブル長:標準5m (5m単位で指定可能)

※土壌の性質により出力電圧が異なります。溶媒(土壌等)の比誘電率εを4(土壌の標準値)とし、出力電圧を調整しています。体積含水率(VWC)は測定する土壌や環境によって異なりますので、測定する土壌毎のキャリブレーションを推奨します。